Loading…

帰国して

Posted by そーき on 05.2012 雑記   12 comments   0 trackback
久しぶりに更新します。


昨年(2011年)末に帰国しました!
日本語が不自由なくキーボードで打てる感動半端ないです!!


なんだかんだ全く統一感のないブログを更新してきましたが...前回も、振り返りブログ書こうかな、なんて言ってましたが...
完全に無視して、今思っていることなど書いていこうと思います!


様々な情報から閉ざされた、インドの片田舎生活を終えて、なんやかんやあって帰国してまず第一に思ったこと。

東京やっぱすげえ!!

そして、東京の情報量半端ない!!!


空港から都心まで続くビルビルビル...
空中で交差する道路と線路...
近代と現代の入り混じる風景...

ニューヨーク、ソウル、シンガポールとか見て、うおおって思ったけど、やっぱり東京も世界随一のメトロポリスでした。


さらに、今まで旅で触れてこなかった膨大な情報が一気に流れ込んできました。
日本の現実、東京の現実、さらに日本で暮らすということの現実。

インドで大きな夢を抱いて帰国したおれに、現実が突き刺さりました。
たくさんの葛藤や、思考を経てようやく確立された自信や、揺るぎないと思っていた将来への展望が、
現実の前に瞬く間に崩れ去りました...


今までの旅での生活は夢の中での生活だったのか...?と、ちょっとした絶望すら感じました...


しかし、旅の中で拾い集めてきた価値観や、物事を見る視点は、確かなものでした。

これらが間違いのない本物だという自信は失いませんでした。自ら取り込んで血肉にしたコンセプトは揺らぎません。

それらを練り上げて作った夢が崩れてしまっても、またそのピースを、現実を受け止めた上でさらに適切なカタチに組み上げていけばいいんだ!ということに気づきました。

旅を終え、自分の生きる場所に立って、
ようやく地に足つけて物事を考えられるのだなと思いました。

得てきたものを、実際の世界の中でどう活かせるか。自分は何ができるのか。こうした自問自答を帰国後にまた繰り返すことがすごく大事なんだなと実感します。

ぼらいやーは、帰国後も終わらない。しっかりと経験を消化して、自分に根付かせなきゃいけないんだ。
これが帰国後しばらく経ってからの結論でした。




今現在は、帰国後1ヶ月半ほど経っていて、自分の中で考え方もしっかり安定してきました!
また新たな夢を見つけたので、進路は就職を目指します。

これだけ時間が経つと、すっかり日本の生活に馴染んでしまう訳ですが、旅に出る前と何か変わったかな、と自省してみます。
そうすると、いくつか、決定的に以前と違うところが見えてきます。

まず、未知の世界に飛び込むことが全く怖くなくなったこと。
変化を恐れず、むしろ楽しめるようになるなんて、以前のビビリの自分では想像もできませんでした。

そして、世界を見る視点。
これは、旅をして世界を肌で感じていた時と何ら変わっていないと感じます。

きっとぼらいやーを経て、人生が劇的に変わる人もいると思います。だってこんな経験普通はできないですから。
でも、ぼく自身は、劇的、と言えるほどの変化はなかったかもしれません。ですが、これからは今までよりもずっと強く人生を生き抜いていけると信じられるようになりました。

ぼらいやー参加して本当に良かったです!

ちょっと長くなりましたが、
来月末にはぼらいやー5期生の事後研修があるので、たくましくなったメンバーと会うのが楽しみです!

特にアフリカ、南米行ったメンバーには濃い土産話を期待したいです。笑

とフリを入れておいて今回は終わります!!

ホイアン

Posted by そーき on 18.2011 旅について   0 comments   0 trackback
ホイアン!今僕はベトナムの中部、ホイアンという街にいます。
ホイアンめっちゃ良い街です!!この半年の旅の中で圧倒的にベストシティーです!!!

ああ、もうベトナムを愛しすぎてもはや永住したい勢い。
おいしい料理、がつがつしてないベトナム人、繊細かつカラフルなお土産物屋。
ベトナムまじオススメです。
そしてベトナム行く機会があったらホイアン行ってみてください!
ホイアンにはもともと日本人町があったらしいので、そういった雰囲気も僕の心に訴えるものがあるのかもしれません。

旅の後半でこんなに好きな街に出会えて幸せです!

ベトナムはwi-fiめっちゃ充実してるってのも良いポイントだと思う!

あとこれは良い点なのか悪い点なのか分からないけど、ベトナムは欧米人めっちゃ多い。
ベトナムにいる人の3分の1が外人なんじゃないかと思うくらい!

ただ日本人はそんなに見かけない。震災の影響なのか、ただ単に休暇時期とかぶってないってだけなのか。謎です!

旅も終わりに近づいてるんで、そのうち振り返りブログでも書いていこうかなと思います!

Posted by そーき on 26.2011 旅について   0 comments   0 trackback
なんかブログまた始めたはいいけど、書く記事が半分以上まとめとか、総括みたくなってしまってる。

もっとリアルタイムな気持ちとか、できごとを中心にした方が面白いんだろうなーと思うんだけど、旅をしているだけで全てが日本での日常生活と違うから、何から書いたらいいかわからん!!!ってくらい刺激に満ちてる。
まあ、自分で日記もつけてて、同じことを二度書くのがめんどうだっていうのも大きな理由なんだけど。

気持ちとかを文字に表すのが苦手な分、できごとをまとめて客観的に書くっていうのが自分に心地いいスタイルなんだと思う。

まあそんな訳で、旅は刺激に溢れている。
実はぼらいやーに参加するまでは一人旅をしたことがなく、自分が旅好きなのかどうかも知らなかった。
ドイツでぼら5のれいかと会って話したとき、自分たち2人は旅好き組ではないよねーなんて話をしたくらい。
でも、刺激に溢れた旅を、少しずつ好きになっていってる気がする。

旅に出る前に、旅に出たらどんなことに出会うかなーって考えてた想像と、現実は全然違った。
もちろん、期待してたことには出会えた。
でもそれだけじゃなくて、予想もしなかったたくさんのモノに出会った。
今までの人生で出会い損ねていたモノ、学び損ねていたモノに、猛スピードで次々に遭遇していったような感じ。
旅に出てたった五ヶ月(五ヶ月も旅してて「たった」なんて言葉を使うのはそもそもおかしいが)の間に、すごく濃縮されたもう一つの人生を生きた感じ。

自分は人生の中で多くのモノを拾い損ねてきた、人として必要なことを経験してこなかった、という自覚はあった。
この旅を通して、その多く(でも半分にも満たないと思う)を拾い集めることができた。

ああ、あのときあいつはこういう気持ちだったのか、あのときあいつはこう考えていたのか、なんて、自分と同世代でも実年齢と精神年齢が一致してたような友人の言動が今になって理解できるようになった。
自分も一歩大人に近づけたな、と最近思えるようになった。

これからの人生では積極的に旅に出て、想像もしない刺激を全身で感じていきたい。

残り一週間!

Posted by そーき on 26.2011 ワークについて   0 comments   0 trackback
ぼくが海ガメのプロジェクトで働くのも残り一週間となってしまいました。
やはり二ヶ月は短い。最初は途方もなく長く感じたけど、やっぱり短い、短い。
最後に提出しなきゃいけないファイナルレポートを埋めるときにほろりとしてしまいました。(泣いた訳ではない笑)
ぼくが関われる仕事も残り2つか3つくらいです。プロジェクトを去る寂しさも手伝って、ここ数日は、プロジェクトのためになにを残せるかを考えています。
11月の活動をスムーズに始めるための準備を推し進めることが最大の貢献かなと考えています。

ほんとに良い仲間に恵まれて、お互い成長しながら仕事ができたと思います。
今週の週末は皆で過ごす最後の休日なので、めちゃめちゃ楽しもうと思います!!!!
泳いで食べて飲んで飲んで寝て泳ぐぞーーー!!!!!!

気分が落ちている時は...

Posted by そーき on 26.2011 将来のぼらいやーメンバーに向けて   0 comments   0 trackback
長旅を続けていると、どうしても気分が落ちてしまう時期があります。
ぼくも、言いようもない虚無感に襲われたり、周りに誰もいない時に孤独感に押しつぶされそうになったことがあります。きっとこれは旅人が誰でも通る道なんじゃないかな。
今日は、そんな時期をぼく自身どうやって乗り越えたか、参考程度に書いていこうと思います!

■食べ物を食べる!
一番大事だと思ったのは、食べ物を食べること。十分に食べているのにさらに食べろ、ということではないです。笑
ぼくの場合、気分が落ちていると外出もしたくなくなるんですが、自分の家じゃないんで外に出ないということは食べ物を食べないということを意味します。
そうなると負の思考ループから抜け出せなくなる気がします。
とにかく無理にでも外に出て、何か腹に入れる。そうすると不思議なことに、気分が落ち着いてくることに気づきました。
空腹はネガティブ思考につながるようです。

■散歩する!
カメラ片手にぶらぶら散歩すると、不思議とわくわくしてきます。なにか大きな不安に襲われていたはずなのに、気づけば良い写真を求めて意気揚々と歩き回っていた、なんてことが何度かありました。

■日本語の本を読む!
バンクーバーですごく気分が落ちている時、ふと"ブックオフ"に寄ってみました。日本人が多く住んでいる地域なら、日本語の本を扱っている店が見つかることがあります。
気分が落ちている時、心はきっと何かを求めているんだと思います。その気持ちに正直になって本を探してみると、その時の自分にぴったりの本が見つかる気がします。

その他列挙します。
■日本の歌を聞く!
■Skypeなどを利用して、とにかく声を出す!
■素直な気持ちを文字に表してみる!(これについては後日また書きます。)

ぼくの場合はこんな感じで乗り切りました。個人差あるとは思いますが、参考になれば幸いです!

ネガティブな時期を過ごすことは悪いことではないと思います。その時期を乗り越えたとき、確かな成長、強くなった心を実感できるんじゃないかなと思います。
旅を通して目一杯自分の心と向かい合ってください!

プロフィール

そーき

Author:そーき
高校までを鹿児島で過ごし、大学から上京して早4年目。

無事に大学4年生になるかと思いきや、気づいたら休学していました。

一年間ボランティアとかしながら世界を巡ります。

海外経験ほぼ皆無、英語も喋れないおれがなぜ世界へ繰り出すのか。

海外ではどんなことが待っているのか。

自分のペースで綴っていきたいと思います。

細々と、でもコンスタントに続けていけたらいいな。

有用な情報なんかも載せていけたらなと。

どうかたまにのぞいて生存を確認してやってください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR