Loading…

ぼらいやーの旅程を組むときは。。。

Posted by そーき on 21.2011 将来のぼらいやーメンバーに向けて   2 comments   0 trackback
今日は、実際にぼらいやーとして旅に出て、気付いたことや、旅程を考えるうえでのポイントを書こうと思います!

これはあくまで個人的感想なので参考までに。。。


*どのくらいワークに参加するか

まずは、ぼらいやー期間中にいくつワークに参加するか。
ぼくはワーク中心の旅程にしたため、
2週間ワークキャンプ×3
3週間ワークキャンプ×1
2ヶ月中長期ボランティア×2
を旅の全行程8ヶ月に詰め込みました。正直、ワーキャン4つこなした旅の前半はめちゃシンドかったです。。。
ワークとワークの間は少なくとも2、3週間はあけるのがいいと思います。ワーキャンではたくさんのかけがえのない出会いがあります!ワーキャンをともにした友人たちとその後しばらく旅することもあるかもしれません。
なにより、たくさんの友人との別れの後には、心を整理する期間が必要なように思います。


*どの国を回るか

これは、ぼくのようなチキンな人向けのアドバイスです。笑
ぼくは旅程を組む前、"海外とか出たことないし、正直アフリカとか南米とか行くの怖えよー"って思いから、ヨーロッパ、北米、アジアを回る旅程にしました。
でも今になって思うことは、せっかくだから簡単には行けないところに行きたかったなあという気持ちに変わってきました。
どこでも住めば都!もしそういうところに行こうか迷ってる人がいたら、絶対に行っといた方がいいです!!!


*ワークキャンプについて

ヨーロッパで4つのワークキャンプに参加して感じたことは、"ワークキャンプはアミューズメント"だということ。
といっても、4つのワーキャンしか知らないので、もちろんそうじゃないのもたくさんあると思います。ですが、特にヨーロッパの豊かな国でのワーキャンは、その開催国に安く、長く、旅行よりディープに滞在したい、という人が集まるため、日本でいう"ボランティア"とは少し違う雰囲気になります。
たまに、"これはほんとうに意味があることなのだろうか。。。"と思うワークもありました。笑
でも、海外にたくさん友達ができるし、その国のことが深く知れるし、かけがえのない時間が過ごせることは間違いないと思います。


*中長期ボランティアについて

中長期ボランティアは、全てが準備されてるワーキャンと違い、自分で仕事をマネジメントしていく必要があるので、最初は多少戸惑いがありましたが、今は順調に楽しんでます!
プロジェクトに携わると、2ヶ月は本当に短く感じます。何か一つのことを成し遂げたいと思ってる人は、もっと長い期間滞在することをオススメします!
といっても、ぼらいやーのいいところは、1年で世界の色んなところを見て回って、予想外の出会いや経験ができることだと思うので、そこはバランスが大事なのかなと思います。
今ぼくがワークをしているインドのNGOのコーディネーターは、"滞在期間と貢献度は必ずしも比例しない"って言っていました。自分にできることを考え、行動していくことが大事なのだなーと感じた一言でした。



以上が旅程の組み方についてぼくが感じたことです。参考にしてもらえたらうれしいです!
ぼくはワーク中心の1年ですが、主に旅を中心にしているメンバーはどのように感じているんだろう。。。気になります。。。

うちのブログみて!!!
2011.09.27 16:30 | URL | はっち #KnHW2vQ. [edit]
見ました!!!笑
2011.09.29 23:26 | URL | そーき #- [edit]


  • password
  • Only the blog author may view the comment.

trackbackURL:http://gogoccha.blog.fc2.com/tb.php/11-bdf5b51e

プロフィール

そーき

Author:そーき
高校までを鹿児島で過ごし、大学から上京して早4年目。

無事に大学4年生になるかと思いきや、気づいたら休学していました。

一年間ボランティアとかしながら世界を巡ります。

海外経験ほぼ皆無、英語も喋れないおれがなぜ世界へ繰り出すのか。

海外ではどんなことが待っているのか。

自分のペースで綴っていきたいと思います。

細々と、でもコンスタントに続けていけたらいいな。

有用な情報なんかも載せていけたらなと。

どうかたまにのぞいて生存を確認してやってください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR