Loading…

英語について

Posted by そーき on 30.2011 雑記   0 comments   0 trackback
今日は多くの人が不安であろう"英語"について書こうと思います。
というのも、ぼく自身英語の勉強は高校以来ほぼしていなくて、不安に思いながらも何も対策せずに旅に出てしまったクチなので。。。
旅に出た当初は高校レベルの単語、文法は全く覚えてなくてひどいものでした。笑


*勉強編
まず、旅の前半で北欧、北米、韓国などネット環境が整ってる国に行く人。
iPhone、iPod touch、ノートパソコンなどがあれば逐一分からないことを"スペース アルク"などで調べて覚えていきましょう!iPhone、iPod touchでは、"キャプチャー機能"がかなり便利です。"あーこの画面保存したいなー"と思ったらホームボタンと右上のボタンを同時に押しましょう。キャプチャーがアルバムに保存されます!自分オリジナルの辞書を作ることができます。

旅の前半でネット環境の整っていないところに行く人。
英語力に自信がなければ、小さい辞書を持っていってもいいかもしれません。

ぼくは旅の前半は、高校時代使ってた英作文の文例がたくさん載ってる薄ーい本と、iPod touchがかなり役立ちました。


*実践編
英会話をしたことがない人は、"他人の口癖をまねる"ところから始めることになると思います。
英語でしゃべる時は、たいていの人が口癖、よく使うフレーズを持っています。それを一人ひとりから盗んでいけば、いつの間にか"よく使われるフレーズ"を使った英会話ができるようになると思います!

また、日本人は様子を表すときに多様な表現を使いますが、英語の場合、簡単な一語を知っていれば事足りることがよくあります。
簡単な例を出すと、"nice"。あーこの景色綺麗だなーと思ったら"nice"、この料理おいしい!と思ったら"nice"、あの子可愛いなと思ったら"nice"。これでオッケー。外人の英語もたいがいこんなもんです。
ポジティブなことにはnice、good、ネガティブなことにはbadでなんとかなる気がします!
むしろ特別な単語は特別なときのために取っておくのもいいのかもなと思います。


*大事なことは
英語を話すうえで大事なことは、"英語はただの道具に過ぎない"ということを意識することだと思います。相手に伝えたい、という気持ちを常に持って話せば、英語でうまく話せなくても言いたいことは伝わると思います。
また、相手の英語力が十分じゃない時は、相手のレベルに合わせて話す、早くしゃべり過ぎない、ということが大事だと思います。ネイティブの人はリズムでしゃべっているため、なかなかゆっくり話すということができません(個人的なイメージです笑)が、日本人は音を聞いて理解し、1音1音大事にしてしゃべるので、相手に合わせてゆっくりしゃべってあげることができます。これは非ネイティブにしかできない気遣いなんじゃないでしょうか。


と、長々と書きましたが、海外に出ちゃえば何とかなるので、不安にならなくても大丈夫!どうしても不安ならちょっとでも勉強して行くとスムーズに海外生活に慣れることができると思います!


  • password
  • Only the blog author may view the comment.

trackbackURL:http://gogoccha.blog.fc2.com/tb.php/13-779d7a9d

プロフィール

そーき

Author:そーき
高校までを鹿児島で過ごし、大学から上京して早4年目。

無事に大学4年生になるかと思いきや、気づいたら休学していました。

一年間ボランティアとかしながら世界を巡ります。

海外経験ほぼ皆無、英語も喋れないおれがなぜ世界へ繰り出すのか。

海外ではどんなことが待っているのか。

自分のペースで綴っていきたいと思います。

細々と、でもコンスタントに続けていけたらいいな。

有用な情報なんかも載せていけたらなと。

どうかたまにのぞいて生存を確認してやってください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR