Loading…

Why is asking WHY so important?

Posted by そーき on 26.2011 雑記   2 comments   0 trackback
旅の中で、ぼくの"考え方"、"世界の見方"を大きく変えた思考術を紹介します!ちょっと長くなります!

アメリカで毎年TEDというカンファレンスが開かれます。そして同名のTEDというホームページ、アプリでそのカンファレンスのムービーが無料公開されているのですが、その中で特に人気のムービーで、Simon Sinekという作家が紹介した思考術。これはほんとうに素晴らしいなと思いました。

Simon氏によると、普通の人は物事を考えるとき、what(何をするべきか、ファクト)を考える。
少し賢い人は、whatの次にhow(どうするべきか、どう実行すべきか)を考える。
そして、さらに賢い人は、howの次にwhy(なぜそれをすべきなのか)を考える。
つまり、人間はwhat→how→whyの順に考えがちだと言います。
しかし、優れたリーダーは全てにおいて、普通の人とは全く逆の思考をたどると言います。
つまり、why→how→whatの順に考える。
なぜはたらくのか。なぜ○○が存在するのか。何を信じるのか。常に"WHY"を問い続ける。
そこからhow、whatに落とし込んでいく。
このムービーはほんとにオススメなので、是非見てもらいたいです。リスニングの勉強にもなります。

これは、実際ボランティアで仕事をする際に多いに役立ちました。
海ガメのプロジェクトに参加した当初は、何をしたら良いのかも分からない、指示もない。そんな状態でした。
そこで、自分たちは何をするべきかを明確にするため、最初はついつい当たり前だと言って流してしまいそうなところから、WHYを問いかけていきました。"なぜこの団体は海ガメのために働くのか、NGOがこの仕事に取り組むメリットは何か。他の団体じゃダメなのか。"
"そもそも海ガメを守る理由は何か。守る必要はあるのか。"
"海ガメを守ることで地元住民の人には何かメリットがあるのか。ただの我々のエゴではないのか。"
"ぼくらが発信していくべきメッセージは何か。"

そうすると、自分たちがどう働けばいいかが見えてきました。
そこからは、一日の仕事の流れを決める際も、グループの意思決定の場でも、NGOのコーディネーターから助言をもらうときも、常にWHYから考え、おかしいと思ったら議論するよう意識しました。
これに慣れてくると、頭の回転が早くなります。より大きな部分から物事を考えるようになるので、最短時間で最適解を見つけることができるようになるからだと思います。
今までは気づかなかったような、矛盾だとか、抜け•漏れにも気づくようになる。議論する力がつく。
また、問題解決の場では、より根本的な原因、解決策を見つけられるようになる。

世界企業のトヨタも、生産方式の中に"問題解決の場では5回WHYを繰り返せ!"という考え方を持っているそうです。WHYを繰り返すことで、問題の本質に迫れる可能性が高まるという考え方です。

Simon氏の理論とトヨタに共通するのはやはり、WHYを問うこと。
これは自分の人生の選択をする際にももちろん有効だと思います。

あなたもWHYを問うところから始めてみませんか?

うわー難しいー
3回くらい読み直したww

今日から挑戦してみるねー
2011.11.04 21:01 | URL | reika #x8EBzXtE [edit]
TEDの動画見てみて!たぶんもっと分かりやすいと思う!
英語教えるワークなかなか大変そうだけど、楽しみながら頑張って!
2011.11.18 15:19 | URL | そうき #- [edit]


  • password
  • Only the blog author may view the comment.

trackbackURL:http://gogoccha.blog.fc2.com/tb.php/17-c8eef0f8

プロフィール

そーき

Author:そーき
高校までを鹿児島で過ごし、大学から上京して早4年目。

無事に大学4年生になるかと思いきや、気づいたら休学していました。

一年間ボランティアとかしながら世界を巡ります。

海外経験ほぼ皆無、英語も喋れないおれがなぜ世界へ繰り出すのか。

海外ではどんなことが待っているのか。

自分のペースで綴っていきたいと思います。

細々と、でもコンスタントに続けていけたらいいな。

有用な情報なんかも載せていけたらなと。

どうかたまにのぞいて生存を確認してやってください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR